前へ
次へ

型抜きクッキーを成功させるために生地からひと手間を

型抜きクッキーは小麦粉やバターに卵を使った手作りお菓子の定番ですが、なぜか型抜きをしたはずなのに、イメージ通りに仕上がらないことがあります。
クッキーの生地を作るところから成功の分かれ道であり、小麦粉と混ぜ合わせるバターは合えて溶かさないで使うのがコツです。
溶かした方が混ぜやすいですが、サクサクの食感はクッキーを食べる際の楽しみの一つです。
常温の卵ではなく冷蔵庫に入れておいて、使う時に卵ははじめて冷蔵庫から取り出します。
生地は適度に繋げるのもポイントであり、小麦粉を入れてから合わせが不足をすると、型抜きをする時にも伸ばす際にも、生地が思うように扱えません。
練り上げた生地はすぐに型抜きをすることなく、しばらくは冷蔵庫で寝かせるのも、型抜きクッキーを成功させるコツです。
小麦粉だけで仕上げるより、もっとライトなサクサクの食感を出したいときには、アーモンドパウダーを加えます。
生地の繋がりは小麦粉オンリーより弱くなることで、食べた際の食感もそれだけサクサクです。

Page Top