前へ
次へ

食品会社に就職してしまいました

私は、子どものころから食に興味を持っていたこともあり、就職する際には、食品会社を選びました。
その理由は、自分の作ったものを世の中に広めることができたら、楽しいだろうな、というものでした。
特に、バブルの時期と重なったころであり、コンビニエンスストアが次々に増えていっている時期でした。
コンビニのデザートコーナーには次々に魅力的なデザートが陳列されるようになり、ここに自分が造った商品を並べたい、と思ったのです。
見学の際には、私も気に入っているその一つを作っている会社であることが判り、迷うことなく入りたいと思いました。
幸い、中途採用枠として募集をしていたこともあり、すんなりと入社することができました。
最初は製造の仕事に就くことになりましたが、そこで製造手順を教えてもらい、3年後には念願の開発の仕事に就くことができるようになりました。
大ヒットこそないものの、いつも目の届くところに自分が作った商品が並んでいることは、励みになっています。

Page Top