前へ
次へ

インスタント食品で食文化の高さに感激

自分はもともとインスタント製品に抵抗がないほうですが、特に最近のインスタントの美味しさには感激します。
例えばカレーひとつとっても、スパイシーなものから野菜のコクが感じられるものまでさまざまです。
先日バターチキンのレトルトカレーを見かけ、「それほど美味しくはないだろう」と買ってみたら美味しさに感激してしまいました。
トマトの酸味やチキンの柔らかさが、レトルトとは思えない出来栄えでした。
これなら外食をしなくても手軽に味わえますし、たいへん優れた文化だと感じます。
また、最近インスタントラーメンでも名店の味を再現したものが流行っています。
遠くまで食べに行かないと食べられないようなものが、自宅でお湯をいれるだけでできるのはありがたいと思います。
しかも結構きちんと再現されていて、技術力の高さにも驚いてしまいます。
食育などでは「食事に手間をかけるべき」という考えの人もいますが、インスタントを取り入れても十分文化的な食生活が送れるのではないでしょうか。

Page Top